« E5系U30編成 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2015.12.25

北海道新幹線試乗会要項等

JR北海道から北海道新幹線試乗会の応募方法などが発表されてました。

JR北海道が出してた以下のプレスリリース

函館支社16日付『函館駅~新函館北斗駅間を結ぶ新幹線アクセス用列車『はこだてライナー』一般車両公開について(pdf)
本社21日付『北海道新幹線試乗会の実施について[JR北海道(pdf) / 北海道新幹線ページ(html)]
本社22日付『北海道新幹線開業に向けた取り組みについて(異常時対応訓練の実施・避難誘導設備の増強)(pdf)

をまとめて。

○函館⇔新函館間のはこだてライナーに使用する733系1000番台の一般公開
公開日:1月24日(日)
時間:11:00から13:00まで
場所:函館駅4番線ホーム
備考:要入場券

函館駅4番線ホームに留置して車内を自由に見学出来るそうですが、客室部分だけだろうな(^^)

○北海道新幹線H5系試乗会
実施日:2月13日(土)・14日(日)
実施区間:木古内⇔新函館
定員:600名(内100名は親子限定)×5回の3000名
運転本数:5往復
備考:応募者多数時は抽選

とのことで、13日の2回目が木古内発着なだけで、あとの4回は全て新函館発着。この4回に関しては函館駅との間にアクセスの臨時列車を運行とのことで、そっちの車両に何を使うのかが気になりますが(^^)
詳細や応募は北海道新幹線のこのページをご覧ください

○北海道新幹線開業に向けた取り組みについて
詳細は本文見てもらった方が早いですが(^^)

注目は竜飛、吉岡の両定点内で携帯電話を使えるよう整備だそうで。
それやるんなら青函トンネル本坑内で極力使えるようにもした方がいいんじゃね?って気しかしないけど、その辺には触れてないとこ見ると…

|

« E5系U30編成 | トップページ | あけましておめでとうございます »

E5系・H5系」カテゴリの記事

JR東日本・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

>イカール星人 様
以前に理由書いてますが、多用するのに無駄に長い駅名は鬱陶しいから省略。それだけの事です。以上。

投稿: Noriyuki | 2016.01.01 21:25

記事本題と関係のない話で恐縮ですが、本ブログを拝見させていただく中で疑問に思ったことを。
どうやらプレスリリースの引用を除き、意図的に「新函館北斗」という正式駅名を避け、新函館という仮称駅名で記述を続けられているようにお見受けしました。
確かに私も新函館北斗という妥協の産物のような駅名がベストだとは到底思っていませんし、おそらく本ブログ主様も同じ思いがあって、正式名称をお使いになりたくないのだろうと推察いたしますが、正式駅名として決定した以上は、不本意でも尊重するのが望ましいのではないでしょうか?
私には、このブログの記事を読ませていただく中で、取ってつけたように「北斗」の二文字を削っていることに、逆に違和感を覚えざるを得ませんでした。
ブログ主様がこの手の妥協的合成駅名を断固として認めない立場であり、例えば、奥津軽いまべつも七戸十和田もいわて沼宮内も認めないというようなポリシーをお持ちならば仕方のないことかとも思いましたが、他の記事を見てもそのような様子はうかがえず、新函館北斗という駅名のみを避けていらっしゃるようですし・・・。(7文字にもなる奥津軽いまべつはそのまま表記しているのに、5文字の新函館北斗は新函館としか表記しないのは不自然ですよね? 奥津軽いまべつも奥津軽としか書かないというなら、まだ分かるのですが・・・。)
新函館北斗駅の名称選定を巡っては、ネット上でも一部でかなり議論が交わされており、その決定に納得していない方が多いことは存じていますし、あるいはブログ主様も、納得されていない方のうちのお1人なのかもしれません。
しかし、正式決定したことは紛れもない事実であり、このような形で意地を張りつづけるのは、大変失礼ながら言わせていただければ、どうにも子供じみた態度にしか見えないのです。
ぜひ再考いだければ幸いに存じます。

投稿: イカール星人 | 2016.01.01 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線試乗会要項等:

« E5系U30編成 | トップページ | あけましておめでとうございます »