« 上越・北陸新幹線の運休列車って、もしや… | トップページ | 新幹線総合車両センターの被災状況? »

2011.03.16

交通新聞の東日本大震災関連記事

今日配信されてきた交通新聞のメールマガジンに東日本大震災関連の記事がいくつかありましたが、その内、新幹線関連の
『JR東日本 東北地方地震の東北新幹線被災状況を発表』
『JR東日本 東北新幹線東京~那須塩原間を運転再開』
『墨滴(巨大地震の交通機関まひで帰宅難民があふれる)』
から。

『JR東日本 東北地方地震の東北新幹線被災状況を発表』によると、

被害発生区間:大宮⇔八戸間(被害が大きかったのが那須塩原⇔盛岡間)
架線柱の被害:約250個所
架線断線:約200個所
高架橋の損傷:約90個所
軌道の変位、損傷:約20個所
変電設備故障:約10個所
防音壁の損傷:約10個所
ホームの天井等の損傷:5駅
橋桁のずれ:2個所

とのことで、仙台駅のことも出てますが、

--- 引用開始 ---
仙台駅構内では新幹線試験車両が脱線した場所付近で橋桁が横方向にずれたほか、軌道変位やホーム天井材落下などの被害も出ている。
--- 引用終了 ---

だそうで、脱線した場所って河北新報の記事等では仙台駅から北に4.5kmとなってたけれど、ひょっとして
11031206
せーぜー450mぐらいの場所のこれ?

あと『墨滴(巨大地震の交通機関まひで帰宅難民があふれる)』には

--- 引用開始 ---
東北新幹線設備部分の被災状況がおおよそ判明したのも14日に入ってから。
--- 中略 ---
被災範囲があまりにも広く、また周辺道路が通じないなどの理由で資材搬入路も確保できないことから、復旧のめどは立っていない
--- 引用終了 ---

と気になる記述が…
阪神大震災の時の山陽新幹線のように落橋したりって個所が無いようだったので、早く復旧するかなと思ってたんですが、私が思ってたよりずっと被害出ているようで、ひょっとすると同じぐらい掛かってしまうのかもという不安感が…

|

« 上越・北陸新幹線の運休列車って、もしや… | トップページ | 新幹線総合車両センターの被災状況? »

JR東日本・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

>青湘遊郎 さん
どこぞの国のようにいい加減な工事(防水性と吸水性間違えたり…)はしないだろうから、時間掛かるのは仕方ないとは頭で判ってはいるんですけど…やっぱりねぇ(^^;;;;

>E955 さん
北上川の鉄橋上で立ち往生ですか…

投稿: Noriyuki | 2011.03.18 00:22

今日は岩手県紫波でE2が北上川橋梁に止まってるのを発見しました。
乗客の方はさぞや恐怖な余震だったでしょうね。
盛岡の南側と北上の南側の高架の損傷がひどくなっていました。

投稿: E955 | 2011.03.17 12:35

致命的な状況ではないにしろ、
範囲の広さ、復旧工事の困難さ等から
時間は掛かってしまうと考えるのが自然でしょうね。

しかし、事態が事態だけに止むを得ません。
気長に待ちましょうよ。

投稿: 青湘遊郎 | 2011.03.16 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通新聞の東日本大震災関連記事:

« 上越・北陸新幹線の運休列車って、もしや… | トップページ | 新幹線総合車両センターの被災状況? »