« 新幹線総合車両センターの被災状況? | トップページ | 仙台駅新青森方停車中のE2系脱線を確認 »

2011.03.18

仙台駅から4.5kmでの脱線列車の謎が解決するも…

15日の河北新報朝刊に載ってた『JR、復旧めど立たず 仙台駅ホーム天井数十メートル落下』に

--- 引用開始 ---
仙台駅から北に4.5キロの地点で、試験走行中だったE2系が脱輪した。
--- 引用終了 ---

と書かれていたものの、北4.5km地点付近に該当する編成が見当たらなかった件、18日のフジテレビ系仙台放送のニュースを見ていたら解決しました。とは言っても全然おめでたくは無く…

仙台駅新青森方のとこで台車1つ脱線した
11031206
E2系1000番台の試運転列車の件と、東京方へ4.5km程行った(長町⇔仙台間の営業キロがちょうど4.5km)広瀬川上で非常停車したE4系使用のMaxやまびこ144号(国土地理院の航空写真)の件を混同して書いてたって事のようで、もしかしてE4系の方も脱線してる…?

で、仙台放送のVTRを見たところ、E2系の東京方(要は高架橋橋脚が破損してた辺り)で、レールが横方向に若干ズレて運転不能な状態になってました。状況は思った以上に深刻なようで…

|

« 新幹線総合車両センターの被災状況? | トップページ | 仙台駅新青森方停車中のE2系脱線を確認 »

JR東日本・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台駅から4.5kmでの脱線列車の謎が解決するも…:

« 新幹線総合車両センターの被災状況? | トップページ | 仙台駅新青森方停車中のE2系脱線を確認 »