« 仙台交通局icscaの通常カードデザイン発表 | トップページ | 仙台駅地下通路壁面 »

2014-03-01

仙台駅地下通路東京方階段復活?

仙台駅地下通路と各ホームを繋ぐ階段の内、閉鎖されてた東京方階段でなにやら工事が行われています。

現在、同駅の乗り換え時の導線が2階在来線中央口へ繋がる跨線橋となっている事から、すっかり影の薄くなってる地下南口と各ホームを繋げる地下通路。
元々2代目駅舎の頃に作られた物で、東京方、青森方のどちらにも階段があったものの、現在の跨線橋が出来た辺りに青森方の階段のみとし、東京方の階段を閉鎖、蓋して上にKIOSK等が作られていたようなのですが、その蓋を外し、何やら工事をしています。

ずっとホーム上に作る施設の柱を作る工事の関係かと思って全然気にもしてなかったのですが、柵の中に階段があるとツイートされてる方がいらしたので2月28日に行った際に見てみたところ、地下通路の2~8番線ホーム直下東京方壁面が
14022826
工事用柵で先日から覆われ、ホーム上も1番線ホーム上は

14022827
仮の蓋されて機材置かれてるだけのようでしたが、2~4番線ホームの
14022828
以前KIOSKがあった辺りの柵の中を覗くと
14022829
14022830
14022831
14022832
14022833
14022834
14022835
14022836
14022837
蓋するまでの階段や手すりが顔を出し、一部は壊してましたが、雰囲気的には復活させるのかなという感じで。
5 ・6番線ホーム、7・8番線ホーム上も
14022838
14022839
14022840
14022841
14022842
14022843
こんな感じで、7・8番線ホームの柵から中を覗くと
14022844
中で作業されてる方の姿も見えましたが、地下通路との間を塞いでた壁が撤去されてるのも確認出来ました(^^)

おそらくですが、跨線橋同様に地下道への階段の半分にエスカレータを設置するため、青森方階段にそのまま設置するにはエスカレータも1本だけとなり階段も狭くなるだけなので、東京方の階段をエスカレータ設置の上で復活させ、その後に青森方の階段を一端閉鎖してエスカレータ設置工事するってとこなのかなと…
まぁ単に柱設置のための工事してるだけなのかも知れませんが(^^;;;;;

|

« 仙台交通局icscaの通常カードデザイン発表 | トップページ | 仙台駅地下通路壁面 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
Twitterでフォローしています。
クモハ719系です。
これからもよろしくお願いします。
また、YouTubeも登録しています。

投稿: クモハ719系 | 2014-03-01 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/59218981

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台駅地下通路東京方階段復活?:

« 仙台交通局icscaの通常カードデザイン発表 | トップページ | 仙台駅地下通路壁面 »