« 松島町の東北本線、仙石線接続予定場所 | トップページ | 仙台港駅に多数置きっぱなしなUG15Dコンテナ »

2012-11-05

11月4日現在の仙台市宮城野区岡田地区の101系廃車体の様子

ここのとこ101系廃車体自体に動きは無かったので様子は見に行ってたもののupしてませんでしたが。

モハ100-1014の方は
12110401
以前は津波で被災したバスが置いてあった場所に土砂の小山が徐々に大きくなっていく感じで。

12110402
12110403
この土地、某社の資材置き場って看板も出てるので、当分このままなのかなって感じになってます。
復旧作業に使う土砂なのかな…

モハ101-1011の方は
12110404
こちらも変化無く。

さて津波被災地ですが、仙台市ではモハ101-1011の後方に写り込んでる仮設の震災瓦礫用焼却施設を始めとして、同様の施設いくつか立ち上がった事もあり、分別した内、焼却可能な物の焼却作業はピッチ上がってきた感じですが
12110405
12110406
12110407
焼却出来ないような震災瓦礫は、101系廃車体が置いてある辺りから見渡してもまだまだ小山が幾つもある状態ですし、作業が進んでる方の仙台市でさえこの状態なのに、宮城県内沿岸や岩手県沿岸の各市町で被害の酷いところなどはまだまだな訳で…

そんな状況が続いているにも関わらず「もう瓦礫は無い」など言い放つ放射脳な連中とかには呆れ果ててますが、元々報道関係者らしい某御仁に至っては、今までも何をどう見てきたのか極めて疑わしいですな。

|

« 松島町の東北本線、仙石線接続予定場所 | トップページ | 仙台港駅に多数置きっぱなしなUG15Dコンテナ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/56044989

この記事へのトラックバック一覧です: 11月4日現在の仙台市宮城野区岡田地区の101系廃車体の様子:

« 松島町の東北本線、仙石線接続予定場所 | トップページ | 仙台港駅に多数置きっぱなしなUG15Dコンテナ »