« Zepp仙台の解体(20120807) | トップページ | 三陸自動車道むすび丸春日パーキングエリア »

2012-08-08

JR九州がDF200形DLをななつ星in九州用に導入

JR九州がクルーズトレイン ななつ星 in 九州のイラストに描いていた牽引機、やはりDF200形のようです。

交通新聞の『JR九州 豪華寝台列車「ななつ星in九州」の開発を進める』によると、

--- 引用開始 ---
注目の列車は、ディーゼル機関車(DF200)1両と客車7両の8両編成。
--- 中略 ・ 以下は日高淳一取締役・鉄道事業本部副本部長・運輸部長のインタビュー部分から ---
DF200は現在、北海道にJR貨物所有のものしかなく
---中略 ---
予備車両がないため、故障による運休を発生させることのないよう
--- 引用終了 ---

と、はっきりDF200形と書かれ、増備数も1両である事が判ります(^^)
同記事には客車の製造スケジュールも書かれてますが、来年に

3月 … 製造著手
7月 … 完成予定
8月 … 試運転開始
9月 … 乗務員訓練
10月 … 営業運転開始予定

とあり、1~3号車の3両は小倉総合車両センターで内装と床下機器の工事を行うとなってるので、この3両は完成前の段階で車体製造メーカーから車体のみ輸送するものと思われます。

|

« Zepp仙台の解体(20120807) | トップページ | 三陸自動車道むすび丸春日パーキングエリア »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/55378481

この記事へのトラックバック一覧です: JR九州がDF200形DLをななつ星in九州用に導入:

« Zepp仙台の解体(20120807) | トップページ | 三陸自動車道むすび丸春日パーキングエリア »