« あれこれと | トップページ | 仙台臨海鉄道のSD55 103がエンジン掛かるまで復旧 »

2011-06-19

仙台地区の"小さな旅ホリデーパス"が利用区間若干拡大へ

17日付のJR東日本仙台支社のプレスリリース「6月期定例記者会見『世界遺産登録間近の平泉!
平泉へのお出かけに便利な臨時列車を運転します!おトクなきっぷを発売します!』(pdf)
」で

●キハ40・48形"ふるさと"を使用した"平泉文化遺産号"の運転
●仙台地区の"小さな旅ホリデーパス"の利用区間の一部を拡大

の2つが発表されてました。

前者は7月16日(土)から8月21日(日)までの土休日に仙台⇔平泉間に小牛田運輸区のキハ40・48形なお座敷車両"ふるさと"を使用した臨時快速を1日1往復運転するそうで、運賃+座席指定券(510円)でお座敷車両乗車出来るってのが最大の売りなのかなと(^^)

後者の仙台地区版"小さな旅ホリデーパス"は、7月16日(土)以降に利用する分から東北本線の利用区間が新白河⇔石越間から新白河⇔平泉間に拡大し、その分、発売額が2400円から2500円に100円値上げされるとのこと。それ以外には現状と違いは無いようです。

|

« あれこれと | トップページ | 仙台臨海鉄道のSD55 103がエンジン掛かるまで復旧 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/51984394

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台地区の"小さな旅ホリデーパス"が利用区間若干拡大へ:

« あれこれと | トップページ | 仙台臨海鉄道のSD55 103がエンジン掛かるまで復旧 »