« 今年もエイプリルフールですが… | トップページ | 仙台地区在来線運転再開予定(20110407) »

2011-04-01

鉄道総研が開発した鉄道車両用低コスト制振システム

今日配信されてきた交通新聞のメールマガジンに載ってた『JR九州 観光特急に新制振システム導入』。
鉄道総研からそんな発表あったっけ?と思って見てみたら、よりによって3月11日に発表されてた話で(^^;;;

鉄道総研の3月11日付プレスリリース『可変減衰上下動ダンパによる制振システムを開発しました』を見ると、キハ47形のコイルバネ台車に取り付けて、上下の揺れを押さえるって代物だそーで、アクティブサスペンションより低コストかつ空気バネ台車より効果的に揺れのピーク値を3分の1から5分の1に出来るとのことで、どれくらい効き目あるのか試して見たいけれど、九州は遠いし(^^;;;

あと『JR北海道 石勝線にPRC導入 全線単線の高速線区で初』を見て、全線単線区間のPRCって今まで無かったのだなーと(^^;;;

|

« 今年もエイプリルフールですが… | トップページ | 仙台地区在来線運転再開予定(20110407) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/51272239

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道総研が開発した鉄道車両用低コスト制振システム:

« 今年もエイプリルフールですが… | トップページ | 仙台地区在来線運転再開予定(20110407) »