« JR貨物の津波被害は大きいようで… | トップページ | 別の意味で"鉄分"豊富なミネラルウォーター »

2011-04-16

E721系初の廃車解体作業始める…

3月11日の東日本大震災本震後の津波で常磐線新地駅停車中に被災したE721系2編成4両の解体作業が、16日から同地で始まりました。

時事ドットコム:津波で脱線の列車解体=駅停車中に被災-福島・新地
津波で脱線の列車解体=福島・新地 国際ニュース : AFPBB News
(両方とも同じ画像が載ってますが、AFPの方がサイズ大きくなってます。)

ある程度の大きさに切って郡山総合車両センター辺りに運び込んでから細かく解体するのかと思ってたら、現地でほとんど終わらすようで、仙石線野蒜駅発車後に被災した205系3100番台1編成4両も現地での解体になってしまうのかなと…

こんな災害さえなければどちらももっと長生きしただろうに…

|

« JR貨物の津波被害は大きいようで… | トップページ | 別の意味で"鉄分"豊富なミネラルウォーター »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

>とも さん
今回は天災ですし、駅周辺の被災状況を見ると乗客、乗員が全員無事だったって事でよしとしないと…

投稿: Noriyuki | 2011-07-24 16:16

E721系は2007年からの投入でしたから予期せぬ自然災害とはいえ、新車がわずか4年で廃車になるとは無惨なものですね…。
高価な財産ですから、車両保険は掛けてたんでしょうけど、償還も済んでないだろうに…。
けど、この車両に乗ってた乗客と乗務員は、幸い大津波から逃れられたそうなので何よりですね。

投稿: とも | 2011-07-16 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/51405275

この記事へのトラックバック一覧です: E721系初の廃車解体作業始める…:

« JR貨物の津波被害は大きいようで… | トップページ | 別の意味で"鉄分"豊富なミネラルウォーター »