« 白元ミセスロイドのCM | トップページ | 仙台空港祭とD51試運転 »

2008-09-28

JR東日本新幹線、信号システムトラブルで全線運転停止

9月28日8時過ぎにJR東日本東京新幹線車両センター内に設置してある信号システム関連機器に問題生じ、JR東日本の各新幹線(東北・上越。北陸(長野)新幹線、山形、秋田からの特急)が昼過ぎまで抑止食らうとゆー事態に…

直接には東京新幹線車両センターから車両が出庫した後、本線上のポイントが切り換え出来なくなり、結果ポイント切り替え後に通過予定の後続2列車が本線上で停車ってことだったようですが、一番の原因は信号システムのサーバ側にあったようで、抑止の真っ最中のJR東日本の新幹線列車運行情報を見ると、
--- 引用開始 ---
東北新幹線 運転見合わせ 2008年09月28日
2008年9月28日10時31分 配信
東北新幹線は、上野~大宮駅間での信号トラブルの影響で、上下線で運転を見合わせています。お昼頃まで運転再開の見込みはたっていません。

--- 引用終了 ---
となってて、いつものよーな線路関係のトラブルかと思って東京⇔大宮間だけ止めて大宮で折り返し運転って訳にはいかないんだろうかと思ってたけれど、線路の方の問題では無くサーバ側の問題となるとJR東日本新幹線全線へ影響出るのも当然だわなぁと(^^;;;;

バックアップシステムに切り換えて運行再開ってことのようなので、今後の課題はこの手のトラブル発生時のお約束“問題発生時の問題点の早期発見”ってとこですかねぇ(^^;;;;
でも今回の状況からすりゃ、まず切り替わらなくなったポイントとその周囲疑うのは基本中の基本だから仕方ない気もするし(^^;;;;

(20080929 追記)
ATCのトラブルってぇよりより上位のシステムで発生したトラブルのようなので、タイトル、本文とも書き換えました。

|

« 白元ミセスロイドのCM | トップページ | 仙台空港祭とD51試運転 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/42620063

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本新幹線、信号システムトラブルで全線運転停止:

« 白元ミセスロイドのCM | トップページ | 仙台空港祭とD51試運転 »