« 細かいことだけど(^^) | トップページ | 当然ギャグで言ってるんだよなぁ(^^) »

2008-01-31

常磐線仙台口の座席定員問題

読売新聞宮城版に『常磐線 新車両不評』って記事が。
455、457、717系を廃車して701、E721系に置き換える際、乗車定員はそのままに編成両数と座席定員を大幅に減らして大顰蹙って事が書かれてますが、最大の問題は同記事中のJR東日本仙台支社広報室長の発言にもある、

「1編成あたりの利用者数の状況からすると、定員数も座席数も首都圏などでは問題にならない水準のはずだが、なかなか、なじんでもらえない」

という考えに他ならないなと。

同発言では“首都圏など”と言ってるけれど、先進諸国の中で東京首都圏以外に長時間立ち席で詰め込みが当たり前ってとこが他にあるのか?と。
東京首都圏の異質なラッシュ時の状況を当然と考え、他の選択肢が無い他都市の列車も同様で構わんだろっていうJR東日本側の意識が問題作ってるだけだろと。

川島某氏のように何かってぇと転換クロスシート車両使用しスピードアップしての新快速形列車を増発しろ云々って言う気は無いし、設備面等で編成両数増やせないので座席定員減らして編成定員増やすってのはしょうがないと思うけれど、常磐線仙台口のように単線ということもあって毎時1~2往復しか列車の無い路線で、

●列車本数は増発せずに現状維持
●編成定員同じなら立って当然で編成両数も座席定員も減らして詰め込むのは当然

と座席定員を大幅に減らした上に編成両数まで露骨に減らすってのは、

●列車本数を増やして利用しやすくして欲しい
●座って乗車したい

と考えるであろう乗客側からすれば不満になるだけで、苦情殺到して当然だと思うのだけど。

今後直接言ってくる苦情が減ったとしても乗客側に溜まった不満が解消する事は無い訳だし、ダイヤの混乱時等に最悪の状況重なって上尾事件のような状況発生したとしても世間は味方してくれないと思うけど…

|

« 細かいことだけど(^^) | トップページ | 当然ギャグで言ってるんだよなぁ(^^) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/17908439

この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線仙台口の座席定員問題:

« 細かいことだけど(^^) | トップページ | 当然ギャグで言ってるんだよなぁ(^^) »