« 3月29日からSuica、ICOCA、TOICA相互乗入れ開始 | トップページ | NORAD TRACKS SANTA 2007 »

2007-12-23

“CRH2-300”を見て思ったこと

レコードチャイナの『北京―天津間に、時速300キロの高速列車ついに完成!―中国』を見て、ボンネットの連結器カバーの上部にヘッドライト追加して、おそらくT車をM車化したとかなんとかだけかと思ったら…、天井に液晶モニタを取り付けたってのは予想外だなと(^^)
ま、どーせ見た目だけ同じでロクでもない作りなんだろうけど。

(20071228 追記)
中国情報局『北京-天津高速鉄道で「新幹線、丸ごと採用ではない」』。
中国鉄道部関係者が
「確かに日本の6社の技術を使っているが、その上に中国が自主研究・開発を行って完成させたもので、車輌を採用との表現は正しくない」
と言ったとか書いてありますが、食堂部分と天井の液晶モニタの取り付け方と連結器カバーの上部分に無理矢理付けたかのよーなヘッドライト以外にも何かあるんですかねw
あ、一見同じで低クオリティってのも独自技術には違いないかw

|

« 3月29日からSuica、ICOCA、TOICA相互乗入れ開始 | トップページ | NORAD TRACKS SANTA 2007 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/17455352

この記事へのトラックバック一覧です: “CRH2-300”を見て思ったこと:

« 3月29日からSuica、ICOCA、TOICA相互乗入れ開始 | トップページ | NORAD TRACKS SANTA 2007 »