« 仙石線で車両故障発生 | トップページ | スーパーカムイ »

2007-05-09

東京駅丸の内駅舎

JR東日本の8日付プレスリリース『東京駅丸の内駅舎保存・復原工事の着工について ~「Tokyo Station City」の中心施設ついに着工~(PDF形式)』で、東京駅丸の内駅舎の計画が発表になってましたが、ステーションホテルが大きくなるだけかと思ってたらステーションギャラリーもかなり大きくなるようで(^^;;;

駅施設が約6600㎡から約7900㎡とちょっと増えるだけなのに対して、
ステーションホテルが約5600㎡から約20800 ㎡へと4倍近くに増え、
どうなるんだろうと思ってたステーションギャラリーも約1000㎡から約3200㎡へと3倍以上になり、場所も北口コンコースの神田寄りの部分などへとなってて、2階に至っては北口コンコースのドーム下を見下ろすような感じになってこれまで以上に独特な存在のギャラリーになるんだろーなーと(^^)

さらに地下駐車場新設ってのがあってどーするんだろうと思ったら、現状で北口コンコースなどの下にだけある横須賀総武快速線ホームなどの地下構造物を全体的に広げて、そこにホテルの機械室や駐車場入れ、地下構造物と駅舎の間に免震装置を導入するとのことで、耐震性もかなり強化(直下型には向いてない構造だけど)されるのだなと(^^)

ま、今から完成後が楽しみだなと(^^)

|

« 仙石線で車両故障発生 | トップページ | スーパーカムイ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/15013729

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅丸の内駅舎:

» 東京駅舎 [Steeve Blog(すてぃーぶ ブログ)]
丸の内に出かけたので、東京駅舎をカメラに収めてきました。 東京駅舎は明治の建築王といわれた辰野金吾の設計で1914年に完成。 英国のクイーン・アン様式の特徴を持つ赤れんが造りで建築当時は3階建てだったのですが、戦災で現在の2階建てになっているそうです。 辰野金... [続きを読む]

受信: 2007-05-15 22:52

« 仙石線で車両故障発生 | トップページ | スーパーカムイ »