« 3月18日PASMOサービス開始 | トップページ | 今週もまた掛けてきたJOA… »

2006-12-22

インターネットを使った放送素材の送信…

夕方、フジテレビ系仙台放送の『スーパーニュース』のローカル部分見ていたら、

日本初、HD番組の伝送に成功
仙台放送などのフジテレビ系列では、一般的なデータ回線を利用して、放送用のハイビジョン番組を伝送し、放送することに日本で初めて成功しました。この伝送方式は、フジテレビ系列FNSが開発したもので、仙台放送と新潟総合テレビとの間で実験を行ないました。実験ではハイビジョン番組を放送用の専用回線ではなく、一般的なデータ回線を使って、ファイル形式で伝送した上で番組をそのままメモリーに記録して放送することに成功しました。実験では30分のハイビジョン番組を15分で送ることが出来ました。ハイビジョン番組を一般的なデータ回線を使ってファイル形式で伝送し実際に放送したのは国内で初めてのことです。仙台放送などFNS系列では今後、デジタル放送に対応したこうした新しいネットワークの構築に取り組む方針です。

(仙台放送 WEEKLY NEWSから引用)

ってのをやってたのだけど、それ見ていて思ったのは、ネット使ってHDTVな業務用のデータを送信ってそーとーなデータ量だと思うけど、これが実用化されると放送局側は専用線使う必要無くなってコストダウンになるだろうけど、全体から見ればバックボーンへかなりの負担になりそうで、なーんか嫌な予感がするんだが…

たとえば、キー局から系列局1局へ30分番組1本送るだけならいいだろうけど、これが系列各局へってことになったら"30分番組×系列各局"分のデータを一斉送信なんてこと何も考えずにやりそうだし…

|

« 3月18日PASMOサービス開始 | トップページ | 今週もまた掛けてきたJOA… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/13155774

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットを使った放送素材の送信…:

« 3月18日PASMOサービス開始 | トップページ | 今週もまた掛けてきたJOA… »