« 幕張車両センターの脱線事故で思うこと | トップページ | 4月13日のE954 »

2006-04-12

ATC-NSにオーバーフロー起こすバグ発覚

読売新聞の『東海道新幹線ATC新型にミス、非常停止など19件』って記事をはじめとして今日の大体の新聞に載ってますが、JR東海が開発した新型ATC、ATC-NSが東海道新幹線全線で運用開始した3月18日のダイヤ改正以降、車上装置のオーバーフロー起こすバグが原因で緊急停車が19件あったとか…
なーにやってんだかって感じもするけど、J1なんかで長期試験してた時には営業運転終了後に試験してたんだろうし、その症状出なかったんだろうなぁ…、ATC-NSベースのJR九州のKS-ATCにも同じバグあるんじゃないか?
JR東日本のDS-ATCも今後も踏まえて念の為チェックして欲しいなーって気も(^^;;;

(20060414 追記)
JR東日本のDS-ATCははじめっからその辺意識して設計してるらしーとか(^^;;;
北陸新幹線開業直前(東京駅が1面2線しか無かった頃)に東北新幹線の大宮→東京間で物理的にオーバーフロー状態起こしたりしたことあって懲りてるからだろーかー(^^;;;;

|

« 幕張車両センターの脱線事故で思うこと | トップページ | 4月13日のE954 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/9547783

この記事へのトラックバック一覧です: ATC-NSにオーバーフロー起こすバグ発覚:

« 幕張車両センターの脱線事故で思うこと | トップページ | 4月13日のE954 »