« 立つ亀と楽に開く封筒 | トップページ | モバHO!音声ch増強 »

2006-02-19

JR西日本で検査切れ車両で営業運転

朝日新聞に『JR西日本、点検期限切れの列車を運行』って謎の見出しで検査切れな車両で営業運転してしまったことが記事になってました。


 JR西日本神戸支社は18日、JR京都・神戸線の京都―大久保(兵庫県明石市)間で、定期検査の期限が過ぎた普通列車(7両編成)を誤って運行した、と発表した。
 同社によると、同日午後2時45分ごろ、検査の実施状況を確認した際に点検漏れが発覚した。午前5時前から運行し、京都から西明石に向かっていた列車を午後3時40分に高槻駅で停車させ、臨時検査を行った。異常は見当たらなかった。
 この列車は5日ごとに検査することになっており、本来は18日に検査する予定だったが、担当者が検査日を勘違いしたという。

運行区間と7両編成ってことから、おそらく網干の201・205・321系の内のいずれかだとは思いますが、確か以前金沢の485系かなんかでも同じことあった気がするし、JR西日本でばかりこーゆー検査周期ミスが発覚するような気が…
で、ミスと言えばこの記事、"列車"と書いてある部分は元々全て"電車"と書いていて、"電車"では無く"列車"と書けとかなんとか言われ、本来"車両"と書くべきとこまで"列車"と書いてしまったよーにしか見えないのだけど(^^)
ま、小学生程度の計算も出来ねぇ上に謝罪することも出来ねぇヤツが天声人語書いてるぐらいだから、この程度はマシな方か(^^)

|

« 立つ亀と楽に開く封筒 | トップページ | モバHO!音声ch増強 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/8738749

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本で検査切れ車両で営業運転:

« 立つ亀と楽に開く封筒 | トップページ | モバHO!音声ch増強 »