« 東急車輛の定規 | トップページ | 富山港線 »

2006-02-06

神鉄連続脱線の原因の1つは転削?

産経関西に『神鉄脱線事故 車輪削る整備と原因が関連か』というタイトルで、先日2件連続で発生してしまった神戸電鉄の脱線事故。
・レールに乗り上がり脱線の痕跡
・先に脱線した5000系が転削後30km程走行した状態、後に脱線した3000系も2日前に転削行っていた
などが判ったとのこと。
既に報じられている
・現場ポイント付近は37kgレール
だった事を含めて、どう作用しての事故だったのか原因究明が待たれるとこですが…

以前日テレの久能キャスターが「おもいッきりテレビ」のニュースコーナーで、地下鉄日比谷線の脱線事故や京福福井支社のブレーキ破損で暴走し衝突した事故などの際、決め台詞のように「ATSはどうしたんでしょうか」と真面目な顔で悪趣味なブラックジョークをかましていたのだけれど、今回のような場合でもニュース担当してる時だったら言ったんだろうなぁ…
※ブラックジョークでは無く、単にATSってシステムを全く理解せず(出来ず)に"自動列車停止装置"って名称を独自解釈して言い放っていたって説もあるが(^^)

|

« 東急車輛の定規 | トップページ | 富山港線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/8536476

この記事へのトラックバック一覧です: 神鉄連続脱線の原因の1つは転削?:

« 東急車輛の定規 | トップページ | 富山港線 »