« 放送中断 | トップページ | ファステック360、仙台港に陸揚げ »

2005-06-06

伯養軒が事業譲渡へ!

6日の河北新報夕刊1面の記事(無料の会員が必要)によると、仙台を中心に鉄ネタとしては東北の駅弁、駅そばでお馴染みの伯養軒が、駅弁などのフードサービス部門とJR仙台駅前の仙台ホテルを事業譲渡するとのことです。
駅弁などは、グリーンハウスが引き受け、駅弁のブランド名として伯養軒の名前は残し、駅構内の店舗も基本的に継続していくような内容とのこと。
この件に関してのグリーンハウスのプレスリリース(PDF形式)

しかし、グリーンハウスって社名見て、最初こっちの方かと思ったのだけど、同名なだけで関係ないのか(^^;;;

(20050607追記)
7日の河北新報に続報ありましたので追加。(全て無料の会員登録が必要。)
伯養軒の事業譲渡・清算 債務130億円解消、来春めど
伯養軒が事業譲渡 老舗の決断「寂しい」 仙台経済界
多角化路線が経営圧迫 伯養軒が事業譲渡

しかし考えてみると、JR仙台駅構内に数店あった伯養軒のコーヒースタンドが、気がつけば閉店してたりしていたのも今回のことと関係あるのかなーと…
伯養軒、こばやし、NREでそれぞれ別にやってたよーな駅弁コーナーが、すっかり3社一体のものになったのも多少は関係あるのかなーとも…


|

« 放送中断 | トップページ | ファステック360、仙台港に陸揚げ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/4439519

この記事へのトラックバック一覧です: 伯養軒が事業譲渡へ!:

» 地元の老舗企業“伯養軒”が消える? [汽車POPPOのつぶやきブログ]
仙台駅は駅弁の宝庫です。と言うのも、元々“伯養軒”と“こばやし”の地元企業2社が競い合っていたところに、いつの間にか“NRE(日本レストランエンタープライズ)”も参戦し、その結果、販売されている駅弁は常時30種類以上。この中から駅弁を選ぶのは旅の楽しみです。最近のお気に入りは「笹巻き えんがわずし」です(^^) ところが、その中でも最も古い“伯養軒”が、多額の累積債務による経営難から、駅弁をはじめとするフードサービス事業と老舗の仙台ホテルを売却、会社を清算することになりました。 伯養... [続きを読む]

受信: 2005-06-07 00:07

» 伯養軒、清算へ [厄年ぶろぐ]
鉄道ファンには「仙台の駅弁」で知られる伯養軒が事業譲渡の後、清算するという悲しいニュース。 創業明治23年という東北屈指の老舗駅弁だが、そもそもは嘉永3年(1850年)に旅籠「大泉屋」として創業。 これも東北屈指の名門ホテル「仙台ホテル」の営業でも知られる。 ... [続きを読む]

受信: 2005-06-08 23:25

» 伯養軒、清算へ [厄年ぶろぐ]
鉄道ファンには「仙台の駅弁」で知られる伯養軒が事業譲渡の後、清算するという悲しいニュース。 創業明治23年という東北屈指の老舗駅弁だが、そもそもは嘉永3年(1850年)に旅籠「大泉屋」として創業。 これも東北屈指の名門ホテル「仙台ホテル」の営業でも知られる。 ... [続きを読む]

受信: 2005-06-08 23:28

« 放送中断 | トップページ | ファステック360、仙台港に陸揚げ »