« 地震発生で予定変更 | トップページ | 「要塞都市 東京の真実」って本 »

2005-06-20

2005北海道サマータイム導入実験

昨年に引き続き、今年も"2005北海道サマータイム導入実験"が今日から開始され、さきほど実験参加している北洋銀行の利用客のコメントがニュースで流れていましたが、
会社行く前に銀行に寄れる
朝のうちにこれて空いてて助かる

などのサマータイム制が本格導入された場合全く無意味な効能のコメントばっかり。
実質サマータイム制導入しても弊害ばかりで無意味ってこと象徴してるんじゃない?
なによりサマータイム制導入より、フレックスタイム制導入推進の方が、よほど各種効果あるって示しただけでは?
デノミとサマータイムは何年かに一度かならず表舞台に出てくるけど、無能な政治屋の売名行為のために存在してるとしか思えん。

|

« 地震発生で予定変更 | トップページ | 「要塞都市 東京の真実」って本 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/4633199

この記事へのトラックバック一覧です: 2005北海道サマータイム導入実験:

» サマータイムで得をする者の影で・・・ [ぺぺのひとりごと]
Excite エキサイト : 社会ニュース  サマータイム実施によって、経済効果が上がるというけど、サービス業や警察・消防他普段から時間・休日に関係なく働いている方達は逆に今にも増して健康不安が高まるのではないでしょうか?  まともに休みが取れて余暇を楽しんでいる人達の周りには、そういった方達が居てくれているからこその安全や安心を得ているということを・・・まあ分かろうとしろと云っても無理かも知れないほど「当たり前」ととられるのでしょうけど・・・  サービス業の方は特に子供の運動会や... [続きを読む]

受信: 2005-06-20 14:42

« 地震発生で予定変更 | トップページ | 「要塞都市 東京の真実」って本 »