« 今日もまた頭の悪い葉書到着 | トップページ | モバHO!の11ch »

2005-01-17

タイ・バンコクで地下鉄事故

タイの邦字紙「バンコク週報」の記事によると、17日10:00(現地時間)頃、バンコクの地下鉄MRTA(excite翻訳経由公式ページ)のタイ・カルチャル・センター駅で、停車中の列車に後続の列車が衝突、負傷者数十人が発生したとのこと。
CNNの記事をはじめとした各紙の記事もまとめると、引き上げ線かどこかに留置中の車輛が走り出し、駅に停車中の列車に衝突したとのことらしく、関係者は「コンピューター制御システムが故障した可能性がある」とのコメントだそうですが、文字通り読めばATCかATOが暴走しての事故ってことになるのだけど…?!

しかし各紙のページ見ると、情報がかなり混乱してるようで、読売新聞の記事だとラマ宮廷駅構内での事故ってことになってるし、逆走してきた列車とか対向列車が衝突とかいう記載も見られるしで…????

今日の夕方ぐらいには、もうちょっと整理した情報が出回るとは思いますが…

その後、18日01:00頃に「バンコク週報」のページ見たら、以下の内容になっていたので、問題あるとは思いますが全文引用。(問題あるようでしたら、この部分は削除します。)
当初の制御システムのトラブルという話しでも無くなってきたようで…

地下鉄事故、原因は指令ミス?
 17日、午前9時15分ごろ地下鉄・タイカルチャルセンター駅で停車中のホアランポン行き車両に、操車場行き線路から来た列車が衝突し、乗っていた乗客700名あまりのうち200名近くが負傷した。
 午後、スリヤ運輸相は記者会見で「現在、調査委員会を設け人災なのか、それともシステムの故障なのかを調査中。3時間以内に回答を出すよう要求している。今後、路線全体の安全再確認のため1週間の運行を中止する」と発表した。
 タクシン首相も事故後現場を訪れ、地下鉄全体の安全性について危惧を示した。また、国家安全委員会のチャトゥロン副首相は「地下鉄の事故を想定し、いままで3回もの会議を開いた。首都圏高速輸送公社の代表は世界標準の安全基準を採用しているので大丈夫と確約したが、この事故は一体どうなっているのだ」と責任追及の声をあげた。
 一方、ラマ9世病院に運ばれた83人のうち、内臓破裂などで2人の女性が意識不明の重体となっている。首都圏高速輸送公社では乗客の怪我・死亡事故に1回あたり8億バーツの保険をかけていると説明しており、補償の請求に関しては0-2547-4550、1186まで連絡するよう呼びかけた。
 今回の事故で日本人のフジタマサルさん(47)も事故に巻き込まれたが、軽傷だったため、病院で治療を受けた後、帰宅している。
 午後3時50分、首都圏高速輸送公社プラパット代表は「操車場に向っていた車両が故障。その車両を救援に向った列車が、その車両と連結できず、衝撃でそのまま坂をすべり落ち、停車していた車両にぶつかった」と説明した。

(追記 20050124)
「バンコク週報」のwebの記事によると、事故発生以降運行中止していた同地下鉄が、2月1日から運行再開する見通しとのこと。

|

« 今日もまた頭の悪い葉書到着 | トップページ | モバHO!の11ch »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/2603319

この記事へのトラックバック一覧です: タイ・バンコクで地下鉄事故:

« 今日もまた頭の悪い葉書到着 | トップページ | モバHO!の11ch »