« しぼりたて | トップページ | 山陽新幹線全線走破チャレンジスタンプラリー »

2005-01-25

JR山手線関連の記事

JR東日本の山手線がこの4月から全編成E231-500化し、さらに今後D-ATC化することでスピードアップし、1周60分切るよーになるって記事が「朝日新聞」にだけ掲載され、各所でネタになってますが…

東北本線の東京駅から上野駅までの列車線が、東北新幹線の東京乗り入れの為に神田駅周辺で途切れているのを復活させて、東海道線と宇都宮線・高崎線の列車を直通させる計画完成後に田町駅から品川駅までの電車区等移転させ、その跡地を再開発するってぇ一連の計画の中で、田町⇔品川間の都営地下鉄泉岳寺駅に近いとこに、山手線と京浜東北線の新駅を作るって話が既に出てる訳で、加減速性能が向上したE231-500を導入し、D-ATC化してスピードアップしても、新駅停車分で相殺されるだけだと思うのだけれど、この記事ではE-231-500導入とD-ATC化にしか触れていない段階でちょっと違和感が…

仮に山手線が1周60分未満になるとしても、D-ATC化して新駅できるまでの間の数年間だけじゃなのかなーと思うんだよなー…。
捏造が得意でバレても開き直ったり言い訳に終始したり、なおかつ専門分野系のネタの時に思い込みで間違ったことよく書いたりする「朝日新聞」だけがネタにしてるって段階で、疑って話半分に読んでおいた方がいいと思うのだけれど…

|

« しぼりたて | トップページ | 山陽新幹線全線走破チャレンジスタンプラリー »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1170/2687176

この記事へのトラックバック一覧です: JR山手線関連の記事:

« しぼりたて | トップページ | 山陽新幹線全線走破チャレンジスタンプラリー »